モータ制御キットを作った

モータを制御するためには、
・電源
・コントローラ
・ドライバ
などとそれぞれ分かれているため、配線などが煩雑になってしまいます。


さらに、私は(現実ではなく)インターネット上で知り合った方と一緒にモータ制御をやっているため、個人個人の環境で全然違う事が起こる現象、いわゆる「おま環」が発生するのを嫌い、作ってみました。

まずはマイコン基板を作ります。

途中遊びでレース柄の基板も作ってみました。
仕事じゃないのでオシャレな柄で作りたいなーって思って作っているのですが、流石にフットプリントが全く見えないデザインは、実装がしんどいので、今度は実装まで頼もうと思います…

3相ドライバは中華製のものを購入しました。
以下が実際に作成したものを、中華製の市販品に接続してる風景です。

CADを作成して、アクリルは発注して作ってもらいました。

本棚にも収まるので、制御則など、理論を触りたい人にとってはとても収まりが良いかと思います。

一品仕上げるのに、非常に手間がかかるため(主にはんだ付けで!)
現在は市販等の予定はありません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です