CubeIDE環境でJ-Link関連のものを更新する方法

IDE
STM32CubeIDE
Version: 1.0.0
Build: 2872_20190423-2022 (UTC)

標準で入っているJ-Link関連の物のバージョンが古いため、
STM32H7でのデバッグでは少し調子が悪そうに動きます。

そのため、今回は無理やりバージョンアップする方法を紹介します。

以下環境です。

IDE
STM32CubeIDE
Version: 1.0.0
Build: 2872_20190423-2022 (UTC)

①J-Linkをインストールする
https://www.segger.com/downloads/jlink/
からJ-link Software and Documentation Pack
のClick for downloadsから、自分の環境にあったものをダウンロード。

インストーラの形式で配布されているので、指示に従ってインストール。

以下、私はWindows環境で
「C:\Program Files (x86)\SEGGER\JLink_V652」にインストールしましたので、
ご自身の環境に合わせて読んでください。

②インストールしたものをCubeIDE環境にコピーする
標準のインストールだと、CubeIDE環境で使われるJLink.exeなどは、
「C:\ST\STM32CubeIDE_1.0.0\STM32CubeIDE\plugins\com.st.stm32cube.ide.mcu.externaltools.jlink.win32_1.0.0.201904160814\tools\bin」
にあります。クソ長いですね。

先程インストールした、
「C:\Program Files (x86)\SEGGER\JLink_V652」の中身を、
「C:\ST\STM32CubeIDE_1.0.0\STM32CubeIDE\plugins\com.st.stm32cube.ide.mcu.externaltools.jlink.win32_1.0.0.201904160814\tools\bin」内にコピーします。

推測ですが、このディレクトリはバージョンによって異なるため、
「C:\ST\STM32CubeIDE_1.0.0\STM32CubeIDE\plugins」内部を「JLink」などで検索すると目的のディレクトリが見つかります。

(念の為バックアップ取っておいたほうがいいと思います。)

以上で、最新のJ-Link SoftwareがCubeIDE内で利用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です